B.T.T都丸洋服店のフィッティング

群馬・フィッティング

お客様の体型にあったスーツをフィッティング致します!

 体型は職業や普段の生活習慣が違うため、人それぞれ個性がでます。創業以来培ってきたフィッティングの技術と経験でお客様のお仕立てのお手伝いをいたします。正確な採寸技術にプラスして概ね下記のパターンで微調整を行い、仮縫いの段階で最終調整していきます。

●並体型
すべての基本となる並型の体系です。
●屈伸体
身体が前かがみになっているので背中(着丈)の寸法を長くし、前身の寸法をも短くします。
●反身体
胸の筋肉が大きい分、ダーツと呼ばれるスーツの胸の部分をつまんでボリュームを出します。屈伸体とは逆で、背中(着丈)の寸法を短くし、前身の寸法をを長くします。
●ハト胸
胸の筋肉が大きい分、ダーツやいせ込みによって胸のボリュームを出します。
●ねこ背
胸の筋肉が大きい分、ダーツやいせ込みによって胸のボリュームを出します。
●肥満体系/出腹
お腹の出ている分だけ前身を広くし、前身を長くします。特にお腹がでている人はマニプレーション(立体裁断)という手法で裁断します。
●イカリ肩/ナデ肩
イカリ肩は肩先が上がっている分、洋服の重みが肩に掛かってしまいます。きつくなるのでその体に合わせた肩先のラインを出します。

ナデ肩はイカリ肩と違って、肩先があまってしまいます。スペースができてしまいブクブクになってしまうのでその分だけ取り除きます。

●出尻/平尻
出尻の人はズボンの後身を出っ張っている分だけ出します。
平尻は出尻と違って、ひっこんでしまっている分を取り除きます。
●O脚
足がO脚だと前身の折り目が逃げてしまいます。その為、ズボンの折り目が直線になるように修正を掛けます。
●モモ太
ウエストがちょうど良いとモモがきつくなります。オーダーでは自由にラインが引ける為そのような(モモがきつくなります)ことはありません。

群馬・ハンドメイドスーツ
オーダースーツ・群馬
制作事例集
都丸洋服店・電話