内定式のスーツの色は?

 群馬県前橋市のオーダースーツ専門店。B.T.T都丸洋服店です。

 10月は内定式のシーズンです。よくお客様から「内定式」にはどんな色のスーツを着ていけばいいの?という問い合わせがありますので簡単にご説明いたします。

内定式のスーツ・色は?

 おそらく内定式の案内状が届いている事と思います。そこに服装の規定が書かれている事が多いのですが「自由な服装でお越しください」という場合はスーツでの出席が最適解とされています。基本的には就職活動で着たスーツで問題はありません。内定式用に新たに新調する必要は、とりあえずはないでしょう。
 スーツの色に関してですが、就職活動中のスーツ同様に「ブラック」「チャコールグレー」「濃紺」あたりが無難な色とされています。(色に関しては10年スパンで流行が変化していますので、その時々の主流が良いでしょう。ちなみに2018年現在はブラックが優勢で次点でチャコールグレーです。)ストライプや柄物に関しては「悪目立ち」気味になるので基本NG。単色無地以外の選択肢はないと思っていただいてOKです。
 一応ですが服装規定が「私服でお越し下さい」の場合も稀にあります。この場合はオフィスカジュアルとなりますが、この記事では割愛します。

 
 基本的に内定式で着ていくスーツは「就活スーツ」でOK。「悪目立ちしない」事を優先での着こなしが求められます。

 都丸洋服店では就職活動に向いている「機能性」「撥水性」「形状記憶性」生地を多数取り揃えて、皆様のご来店をお待ちしております。

あわせて読みたい